Katsu Nakajima

14th Annual ARC Salon (2019-2020)

Katsu Nakajima

Japan

View ARC Gallery

中島勝は、日本の大阪府で生まくれてるくくれましかたか。1973年、彼は同志社大学(144年前に設立)に入学、4年間科学工学部で化学工学の勉強をした後、工学資格取得しましましかたんんし、大学を卒業した後、彼は方向を変え、芸術的な広告デザインの世界でキャリアを追求しました彼は、広告ポスター制作とかイメージ表現の世界で積極的に活動すてることかしました。 

その後、彼は東京を拠点とする広告制作会社である日本デザインセンターで働いて、たくさんの優秀なデザイナーを迎えましたアートディレクターとかかかしてるてるてるてるいてるてるてるてるの活動についてるてるてるてる、中島は、日本の毎日広告コレクションであてる開催されるチェック共和国の国際グラフィックデザイン会議でのポスターコンテストで多くの広告賞を受賞しています1988年のに、他は自分自身の広告制作会社、ISAAC株式会社、株式会社を設立、2009年までのアートディレクター兼最高経営責任者(CEO)として参加しました。

2008年頃、彼の人生における使命は芸術家になることで認識し、彼は絵アカデミーで絵の基本を学びながら油絵を作り始めました。最初に油絵の具を扱うときに考えました。

「ずっと前から油絵をしているという不思議な感覚には驚きました。不安はもっとありました。」

初年度は日本で3回の絵賞を受賞し、2016年には第94回白色美術協会展で最優秀賞として首相賞を受賞しました。

またその頃、彼は100年以上の歴史を持つ日本最大の総合美術展であるNITTEN(日本美術展)で特別賞を2度受賞し、この推進力が第13回国際ARCでブーロー賞を受賞します今日はは、彼は千葉県のスタジオでリアルな絵を中心に小さなアカデミーを経営しています。中島克は現在ARCの生活マスターであり、NITTENのメンバーです。しました。2018年のサポートです。 。

* This statement has been provided directly by the artist in association to their 14th International ARC Salon entries. This content has not been edited for typos or grammatical errors and has not been vetted for accuracy.